まんがで簡単にわかる! 薬に殺される日本人~医者が警告する効果のウソと薬害の真実~

1,430 税込
商品コード:
著書45
発送日目安:
関連カテゴリ:
新入荷商品特集
本(著書)
本(著書) > 本(著書)

世界に誇る健康保険制度を持つ日本。
反面、世界一寝たきりの老人が多く、
先進国で唯一がん死亡者が増え続けている国でもある。
一体それはなぜなのか?数十年前にはそれほど見られなかった花粉症を始めとしたアレルギー症状が増え、
発達障害を始めとした、子どもの病気も増えている。
その理由は、日本がまさに世界一の薬消費大国だからだ。
健康な人間が健康診断に行き、
世界的には誤った検査基準により病人にされる。
必要ない薬を素直に飲む日本人。
高血圧を押さえる降圧剤やコレステロールを押さえる脂質異常症治療薬には、
突然死の副作用や認知症の副作用があることがわかっている。
本書を読めばわかるが、
インフルエンザワクチンには効果がないというエビデンスがあるにもかかわらず、
毎年推奨されているという現実。
代表的なインフルエンザワクチン・タミフルの副作用が
問題になったことを覚えている人も多いはずだ。
賛否両論あるワクチンだが、日本における最大の問題は
外国で報道された副作用に関する情報が
まったく国民に知らされないことである。
かたよった情報にしか触れないため、「ワクチンは安全だ」「ワクチンのメリットはリスクを上回るので必要だ」
という考え方になってしまうのもしかたがない。
本書は、そのような薬のリスクや効果についてのエビデンスを、
世界の報道やエビデンスに基づいて紹介している。
また、サプリメントについても、
合成の仕方によっては薬と同じ作用をすることを明らかにして、
食べ物で摂ると全く問題がないのに、
サプリとして摂ると副作用どころかがん死亡率が上がってしまうという海外の研究も紹介している。
日本の大手メディアの報道が偏っているのは世界の常識である。
本書は、薬についての日本ではほとんど報じられない事実を紹介することにより、
日本人一人ひとりが正しい判断を下す手助けとなる1冊だ。